LINEは交換しませんでした

皆さんこんにちは。谷口佳史です。溜めてた訳では無いです。
ついさっき南部さんから日記を当てられました。

前回の日記が堅苦しかったので、今回はTwitterでの質問箱の中で、個人的に面白いと感じた質問と回答のやり取りについて、時系列順に紹介します。
いつも通りのくだらないやつです。

お気に召した方はぜひTwitterのフォローをしてください。
本名は晒していませんが多分1発で分かります。陸上部アカをフォローしてます。鍵はかけてません。
自分からやらないのはこいつ誰?って思われたくないからです。あと怖いからです。

それでは、どうぞ。

20.「消火栓なのに『しょうかせん』とはこれ如何に」

質問見た時はなるほどと感じました。なかなかいい質問ですね!

僕の回答(以下、A.)「使う時にせんを抜くから問題ない」



19.「映画のタイトルに1文字付け足して超絶つまらなくしてください。」

A.「能天気の子」

ねー、いまからなにがおきるのー?



18.「この世で絶対信用できない言葉」
1位「行けたら行く」
2位「 」
3位「一生のお願い」

これは結構あると思いますが、やっぱりこれですかね。

A.「なんにもしないから」



17.「ゴルフボールの表面がデコボコしているのはスキンケアを怠ったからですか?」

その発想に至った質問者さんに敬意を示し、
回答致しました。

A.「そうです。まさにラフボール」
ちなみにラフとは場外ギリギリのエリアという感じの認識でOKです


16.「ンゴンゴゴォ!!」

この質問が届いた次の日、荻野さんにこの質問をしたか聞いてしまいました。
荻野さんではありませんでした。
荻野さん申し訳ありません。

A.「などと、不可解な供述を繰り返しており」
どう答えるのがベストなんでしょうか(知らん)


15.「平均60のおばあちゃんプリキュア、ババキュア達の悩みとは?」

質問者さんの発想には恐れ入るばかりですが、回答する方もなかなか楽しいですね。

A.「変身シーンの需要がない」



14.「今晩電話するから愚痴聞いてね!お願い!」

この質問が来た時に若干恐怖を覚えました。
理由は僕のフォロワーはほとんどが太鼓やってて趣味が合うからフォローした、という人ばかりで、リアルに知り合ってる人の方がむしろ少数です。少し興味を持ちつつ回答しました。

A.「なぜ電話番号が分かるのか」

電話はかかってきませんでした。



13.「手塩にかけて育てたナメクジが死んでしまいました。悲しくて夜も寝つけません」

日本語って難しいですね。

A.「殺す気マンマンじゃないか」
ちなみに砂糖をかけても同じ感じになるそうです。



12.「映画『飛んで埼玉』のヒットに嫉妬した千葉県が発表した映画のタイトルとは?」

まあ、花がさいたま、ということなんでしょうかね。
タイトル的に某ワンパンで倒すアイツがヒーローに最もピッタリだと思いますね。

A.「つらいた千葉」
ふなっしー涙が止まらない。



11.「『いきなりステーキ』の対義語を教えてください」

…これは長らく議論されてきた議題である。
(違います)
最善の答えを見つけるのに1時間もの期間を要した。(かけすぎです)
取り組んでみるとなかなか面白く、長時間取り組む価値はあったと思う。(暇人です)

A.「おしらせサラダ」
いきなりステーキのサイドメニューで出るといいね(出ません)
別解「満を持して魚」


10.「めっちゃ質問来ますねwww人気者www」
A.「ありがとうございますwめっちゃ嬉しいですw」
草多すぎん?発達グラウンドかよ


9.「表には出さないけど、人知れず悩みを抱えてそう。少しだけ心配です!」

個人的に1番引っかかった質問なのですが、そう見えるんですかね?
表には出さないということは…?この質問者って…もしかして…ЯeaL

A.「それもう表に出ちゃってるやーーつ」



8.「やめてください!人を呼びますよ?」

A.「ぼっちにはそれがどんなに難しいか、考えたことあるか?」
まさかの角度からのアプローチですね。


7.「アンパンマンあんぽんたんの違いを教えてください。」

A.「腹が減ったときに顔をくれるのがアンパンマン 腹が立ったときに顔を歪めるのがあんぽんたん

似ているけどちょっと違う。


6.「喘ぎ声をやらしくしない言い方をするならどうする?」

A.「リコーダーでも咥えとけば」
やらしさなんてすぐ吹っ飛びます。やかましさが増すかもですが



5.「Twitterでおやすみ!と言いながらもまだ呟く。一体何がしたいの?」
Twitterに限らず、結構こういう人いますよねー

A.「寝言だろ」



4.「バナナの皮の剥き方が分かりません。正しい方法を教えていただけると幸いです。」
あーバナナの皮むきって難しいですよねー(棒)

A.「まずバナナを用意します。本当に食べたいのか考え直します。以上です。」
その用意したバナナどうするつもりやねん

3.「担任の先生にやってもギリギリ許されることは?」
A.「スリングショット」
まさにスリリング。(やるとしてもほどほどにね)

2.「好きな男性のタイプを教えてください」
僕が男好きだと感じてのことでしょうか。

A.「誰にでも分け隔てなく接する優しい子が好きです(ハートマーク4つ)
あと、上に書いたことは全部嘘です(ハートマーク4つ)」
(☝ ՞ਊ ՞)☝

1.「最後に『知らんけど』をつけて何か話して」
僕普段この言葉使いませんけどね…

A.「『知らんけど』っていう言葉、関西圏以外の人はちょっと違和感を抱くけど、関西人は息をするように喋るで。知らんけど。」

おまけ。というか本編。
夏休みの話です。

♪長くて短い夏休み~ 友好旅行 旅行行こう♪

行ったのは初めての派遣バイトです。

詳しいことは言えないのですが(機密事項)、場所はポートライナー市民広場駅近くでした。
人見知りやから普段は初対面の人とはなかなか話せへんけど、さすがに男はおるやろから今日はしっかり話しかけていくで!
とタカをくくったおドジな4423くんは、道に迷いかけながらも目的地に到着。
メンバーを見てびっくり。
僕以外の派遣の人で、学生はみんな女の子。
先程の威勢はなんだったのか、と言うくらい黙り込む、か弱い4423くん。
この時点で僕の厚揚げメンタルに亀裂が入る。
事務的なお話をしつつ、作業開始。
ダンボールを解体してシールを貼るという単純作業。
単純作業が大好きな4423くんは黙々と取り組む。
(以下、仕事内容につきましては言外できませんが、まあ男は力仕事ばかり回され、軽作業とは何だったのかと考えざるを得ませんでした、という感じです。はい。)
昼食は僕、女の子3人が同じテーブルでとることに。
ちなみに全員が初対面。
この時点で僕の豆腐メンタルにヒビが入る。

~~略~~

仕事が終わり、同じ時間で上がる僕と女の子2人で一緒に帰ることに。
女子1「私歩いて三ノ宮まで行こうと思うんですけど~」
僕、Googleマップを開く。
市民広場駅から三ノ宮駅まで…
4km。
綺麗な顔立ちをしていらっしゃるが、この方、可愛い見た目とは裏腹にやりおる。
僕「あ~歩けなくはないですねー」
女子1「夏祭りの時に歩きましたし、250円浮きますから~」
僕「それは大きいですねー僕も歩こうかな~」
女子2「私大阪なんでライナー乗りますー」
僕、女子1「そうなんですか!お疲れ様でしたー」
女子2「お疲れ様でしたー」

以下、僕と女子1の2人で4km徒歩の旅が始まる。
色々な話をした。
その女の子は陸上をやってた、ということ。
神戸の街並みは凄く綺麗だ、ということ。
通ってた高校や普段はなにをしているか、ということ。
布引ハーブ園が綺麗だからこの前行ってきたんだ、ということ。
普段は明石でバイトをしている、ということ。
僕はほとんど聞き手に徹していた。
なお、会話は双方共にデスマス口調である。
年は19歳みたいだけどおそらく同学年…
なのにデスマス
…警戒されている?ハハッ まさかね…
ここで僕は1年前の湯浅さんの日記、「一皮剥けたユアサ」を思い出した。
僕に剥ける皮はないけれど、浮かれて積極的に自分から話すのも違うなと感じていたので聞き手のまま歩き続ける。
結構楽しそうに話してくれていた。
僕も会話してて楽しかった。
思ったより早く、三ノ宮駅に着いた。
次の日が8キロぺーランだったので、ラウンドワンに直行するなどの夜更かしは禁物だ。
(何をするかはお察しください)
僕「着きましたねー」
女子1「思ったより早かったですねー」
僕「そうですねー。では、お疲れ様でしたー!」
女子1「ありがとうございました!お疲れ様でしたー!」

ここでタイトルの伏線を回収していく、というオチでしたとさ。



次回は、明日が誕生日の谷垣にしようと思いましたが、南部さんに4回生を当ててと言われましたので、研究室という名の漆黒の闇に飲まれた木村さん、よろしくお願いします。

まったねー